【レポート】猫用扉を取り付けてみた!

先日注文した猫用扉が届きました。
ちょっと写真が多くて長めになりますが、レポートしてみたいと思います!

猫用扉をつけたいと思ってはいたのですが、どういったものにするか迷うこと1ヶ月・・・。
安いものは3000円代からあるし、高いのは2万円超えてるし、悩んじゃいます。
(2万円超えているのは外猫さん用で、キーで通れる猫を判別できるものらしい)
価格と条件との兼ね合いで私が決めたのは「ペットくぐ~るM(楽天のお店へのリンク)」です。
しっぽを挟みにくいという中折れタイプが気に入りました。ちなみに当時楽天で5,300円でした。

扉に穴をあけることになるので、それなりに道具が必要です。
(両親に扉に穴を開ける許可ももらいました。)
私は自前の電動ドリルを使いましたが、手動の穴あけ器具でもできます。
私が購入したお店では道具も同じページに売っていました。
さて、まずはどの位置に穴を開けるか決めなくては・・・。
取り付け説明書が型紙になっていたので、切り取ってドアに貼ってみました。
みけにそばに行ってもらって確認・・・って思ったんだけど遊んじゃってだめだ~。
下側の高さは、だいたいペットのお腹の位置程度に取り付けるらしいです。
みけの場合はお腹がポヨポヨしてるからなぁ~。
若干のお腹のポヨりは無視して、だいたい9cm程度の高さに決定しました。
(失敗したら取り返しがつかないと思うと、なかなか位置が決められないものですね。)

見学していたみけには退場してもらいます。ドリルとかノコギリ使うからね。
印の内側の4すみにドリルで穴をあけて・・・
ノコギリで引くべし!
板が薄いので余分なところがめくれてしまわないようにマスキングテープを張りました。
ちょっとぐらいガタガタでも大丈夫だいじょうぶ・・・。

ノコギリを入れる時に結構すさまじい音がしました。
ガコガコバコバコガコガコ。
扉は枠に両側から合板を貼ったようなもので空洞なので、楽器のように音が響く響く・・・。

でもなんとか無事貫通しました。
実はあらかじめ扉の補強部分を探そうとしたんですが、コンコンしてもよくわからなくて・・・(っ_ _)っ
補強部分が最初の穴あけの四隅にきてしまうと少し辛いと思います。
※私の場合は偶然ちょっとズレていました。

これに両側から挟むようにしてキャットドアを取り付けます。
4すみのネジを止めて、ネジ隠しをつけたら完成。
ガタガタ部分が隠れて、いい感じにできました。

ネジ止めの時は2人だと作業が楽そうです。押さえるのが・・・。
でも一人でもできます。私ができたから大丈夫(つω`)

こちらが部屋側。目に付くのは部屋側なので、キャットドアの色を白にしました。
使いたくない時はプレートをはめてふさぐことができます。
↑見えにくいけど^^;
今のところ夜は塞ぐ予定です。

作業時間は大体1時間ぐらいです。男性で手際がよければもっと早いと思います。

Mサイズ(買ったお店で一番小さかった)じゃ大きいかな?と思ったのですがちょうど良さそうです。
通り抜ける部分の大きさは、幅192mm、高さ237mmぐらい。
開閉時にフラップが折れる「カシャ」音と磁石がとまる「パチッ」音がします。
問題はみけがこの扉に慣れてくれるかなんですが・・・それについては別途ご報告します。



参考になったかな~。


■  [PR]
by cat_owner | 2009-03-28 15:03 | * 猫のための買い物
<< 【レポート】猫用扉訓練